株式会社キーマンの住民に負担をかけない様々な工法

キーマン
出典:http://kk-c.net/株式会社キーマン/

株式会社キーマンってどんな会社?

時代が進んでいくのに伴って近頃はたくさんの市街地が再開発などによって発展をしてきていて、それと同時に市街地に人口が集中しやすくなるため建築物に対しても、そのことに配慮した建築方法が要求されるようになっています。

建築物の中でも住宅は生活の快適さに直結する空間なため地震に耐えうる補強工事を行うとしても細かいところにまで気を配った方法で工事を行うことが必要です。

株式会社キーマンの実績の内、特に注目されている工事が住宅とテナントが混在しているマンションを補強する工事が挙げられ、テナントに入っている店舗の中には接客サービスを工事中も継続することを希望しているところもあったため綿密に打ち合わせを行っています。

打ち合わせの上で出した結論は段階的に幾つもの工事方法を行うという複雑な方法で耐震補強工事を行い、3階建てのマンションなのに工事を行う場所は100ヶ所以上もある大きな規模な施工スケジュールとなったのです。

主要となる工事方法について

まず主要となる工事方法にはスリット工法が検討され、耐震補強をするために、どの空間を使って補強し、どの空間を生かすのか等といった綿密な施工スケジュールが資格を持つ建築士のアドバイスも交えて立てられました。

結果的にスリット工法の種類の内、建築資材の内部に専用留め具を装着する完全スリット工法を取り入れて、集合住宅であっても住んでいる人たちに迷惑がかからない形で工事を成功させた実績があります。

小さい集合住宅の場合でも、この施工事例のように幾つもの住居空間が隣接しているときには、それだけ壁や柱がたくさん入り組んでいるので耐震補強をするためには垂直スリット工法と水平スリット工法と呼ばれる完全スリット工法2種類を取り入れて、地震が起こった場合に建築資材に対して掛かる荷重をそれぞれ適切な方角に逃がせるように補強を施したのです。

中でも垂直スリットで採用されるポリスチレンフォームと水平スリットで採用される特殊な性質のポリエチレンは、完全スリット工法の中で重要な位置を占めていて集合住宅を非常に高い安全性のレベルに引き上げることが可能となっています。

集合住宅において最もネックになる補強層にまつわる工事

また集合住宅において最もネックになる補強層にまつわる工事に関しても株式会社キーマンでは独創的な発想で問題を解消させました。

その対処方法とは穴を壁に開けてアンカーと言う特殊な性質の炭素繊維を前もって取り付けておいた炭素繊維と接続して地震に対する強度を増させるという方法で、この方法なら部分的に解体することが出来ない集合住宅であっても住民が暮らす環境を不便にさせることなく耐震補強工事を施すことが可能となっています。

この施工事例ではCFとSRという2種類のアンカーが使われていて、補強する場所に応じて適した素材を使うことが出来る汎用性が高い方法です。

他にもこの施工事例では集合住宅の無駄を無くすために、開口閉塞と呼ばれる工事方法も一緒に施されています。
開口閉塞とは、その建物が建築された当初にデザイン性を求めて必要がないスペースが存在している場合があるため、そのスペースを耐震壁などで埋めることによって更に耐震性を高めるという仕組みです。

また、この施工事例で施されているスリット工法は多くの無駄であった空間を活用することが、開口閉塞工法との相性が良かったので株式会社キーマンが行う耐震工事の評価を大幅に向上させることに寄与しました。

耐震壁について

耐震壁についてはRC増打壁と呼ばれる補強材やコンクリートを前もって建てられている柱や壁に打ち込む方法で耐震補強を施し、それぞれの仕組みがお互いに補強しあうようになっているのです。

そして、この施工事例では耐震工事中に集合住宅の中に住民が常に暮らしているという緊張感があり状況の中で進められましたが、工事期間は、およそ4ヶ月ぐらいと一般的な耐震補強の工期よりも大幅に短い期間で完成させて、株式会社キーマンの優れた技術力を社内や社外にアピールすることが出来ました。

株式会社キーマンでは建築物にもよりますが工法を変更することによって耐震補強を、およそ2ヶ月ぐらいの工期で完成させることが可能で、その代表的な施工事例としてプレートの補強が含まれている内付ブレースと呼ばれる工法が行われています。

この工法は一部の耐震壁を開けて、その中を鉄骨ブレースを取り付けて固定する工法で、簡単な作業であるだけではなく、あまり粉塵が工事で生じたりしないため作業員や住民の負担が抑えられる工法として、たくさんの施工事例で取り入れられている方法です。

工法そのものの実績も豊富なため耐震補強に対する信頼性もあり、工期が短くて済むことも相まって、たくさんの施工会社が採用している工法としても良く知られています。

粉塵があまり発生しないという面では株式会社キーマンが行っているサイドポスト工法も適している工法です。
組み立て式の鉄筋と現存する建築物の鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリートの柱を特殊ポリマーモルタルを利用して一体化させて耐震補強工事を行います。